日本刀の名称を覚えよう

Posted on 金曜日, 10月 17, 2014 in 未分類

一般の人にとって、刀は決して身近な存在ではなく、せいぜい美術館や歴史的な郷土館に展示されているものを、ガラスケース越しに眺める程度でしょう。しかしひとたびその歴史をひも解いてみれば、刀は日本の歴史の、それこそ古くは古墳時代からあり、また戦争だけではなく文化にも根強く存在してきたのです。
長い年月をかけて磨かれ、いくつもの種類に枝分かれした刀は、一見シンプルな長い刃物と見せながら、実は様々なパーツによって成り立っています。また、部品として分かれていなくても、ひとつのものなのに部分部分で名称が異なっているのです。
たとえば、日本刀の刃を見てみれば、専門知識のない人間にとってはあくまでも刃の部分にすぎませんが、正式な刃の部分は切れる部分のみで、刃と反対側の端は背や峰と呼ばれています。いわゆる峰うちと呼ばれている、切れないほうで敵を倒すときに使う場所です。また、刃と峰の中央に入っている筋は、しのぎと呼ばれる部分に当たります。
その他にも、刀を作る時の製法や、歴史や造り手で分類した名称など、長い長い年月を重ねてできたものなのです。

コメントは受け付けていません。

焦りは禁物

Posted on 金曜日, 10月 17, 2014 in 未分類

不妊かもしれないと思ってはいるが、不妊治療を本格的に始めるのではなく、生活改善や体力作りからはじめようとしているなら不妊向けの漢方薬を同時にスタートさせるのがよいといえます。漢方薬は通常の薬と違って毒を体に取り込み毒を持って毒を制すという働きをするのではなく、自身が持っている体の活動や免疫を高める働きをするからです。
メリットとしては常用してもほぼ害はなく安全なものが多いことですが、デメリットとしては効果が出るまでに時間がかかることがあげられます。自然妊娠を望んでいて治療を行う前に自分でできることがあるなら試したいという人にはおすすめの方法ですが焦りは禁物だといえます。
もちろん、効果がでるのが遅いので自分の体に合った漢方であるかどうかの判断がつきにくいことも欠点の一つと言わざるをえませんが、たとえば冷え性を緩和する漢方であるなら自身でその効き目を確認することはできます。よって漢方を処方してもらう前に薬剤師に相談して効果がでる期間の目安も聞いておくことがいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

統合報告書の見方

Posted on 金曜日, 10月 17, 2014 in 未分類

統合報告書とは、企業において帳簿や決算に関わる財務情報のみならず、社会的な取り組みや知的財産・長期的な戦略方針といった非財務情報までをも1つの冊子として纏め、開示情報として公開する為に作成される書面の事を言います。
日本の企業においては非財務情報に関しては法的な公開義務が無い事から、財務情報のみを公開するか非財務情報に関しては別途公開するという方法も取る事が可能です。しかし、財務情報の信憑性の確保・環境意識の高まり・企業の社会的存在意義が問われる時流の変化等に伴って非財務情報に対する関心も高まっている事に加え、欧州の一部の国での公開義務化の動きとも相まって、日本においても制作する企業が増加しています。
作成における特徴としては単に数値の羅列等に留まる事無く、企業活動の根源であり利潤追求の姿勢とも相まって短期・長期を問わない複合的な視点から様々な情報が盛り込まれる報告書となるのが特徴的です。従ってその見方としては、将来展望から株式購入等の投資判断材料として活用する事が望ましいと言えます。

コメントは受け付けていません。

My music selection makes last.fm look good

You can't see my music, but that doesn't mean it's not there.

Recent comments

WordPress Theme designed by Chris Wallace.

Valid XHTML 1.0 Strict